内科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科・訪問診療

ふなもとクリニック│兵庫県西宮市甲子園にある総合内科

お問い合わせはこちら

 0798-81-1192

誰にでも起こり得る不整脈 速い、遅いは病気の恐れも

急に、暑くなってきましたね。最近は温暖化の影響でしょうか?
春が短くて、いきなり夏が来たみたいですね。熱中症対策もそろそろ考えてくださいね。
さて、今回は不整脈についてお話しします。
「不整脈」とは脈の乱れの総称で、治療の要らないものもあれば、命の危険があるものもあります。

原因はさまざま

脈拍は1分間に50~100回、規則正しく打つのが正常です。
しかし、中には脈が一瞬途切れたり、リズムが速くなる場合があります。

これを「期外収縮」といい、年齢とともに増加する傾向がありますが、「ほとんどは」治療の必要はありません。
期外収縮の原因は睡眠不足・ストレス・アルコール・カフェインの取り過ぎなどが考えられます。

自覚症状が無いことがほとんどで、多くは健康診断で指摘され、不安に思って受診されます。
病院では、心臓の病気の有無を確認するために検査を行います。

心臓の病気が無ければ、規則正しい生活を心がけると、脈の乱れは改善します。
念のため、健診で心電図異常を指摘されたら、一度病院を受診して検査してください。
例え、異常が無かったとしても、健康のバロメーターとして定期的に脈を測ってみるのも良いと思います。

命に直結する不整脈

一方、脈が速くなる「頻脈」や遅くなる「徐脈」は病気に直結する恐れがあます。
自覚症状が無い徐脈は健診で分かることが多いですが、めまいや失神などの自覚症状がある人もいます。
これは、徐脈によって血液が十分に脳に届かないことが理由です。

自覚症状を伴う徐脈の場合は、ペースメーカーの植え込み手術が必要となる場合があります。
頻脈で注意が必要なのは、心房細動と心室細動です。

心房細動では、血液が心臓にたまって固まりやすくなり(血栓)、
それが脳に達すると脳梗塞を発症します。
長島茂雄氏が、脳梗塞になったのはこの心房細動が原因です。

脳梗塞の約3分の1は心房細動が原因と言われています。
ですが、心房細動の約4割の方は無症状と言われています。

高齢者に多く認められ国内に約200万人いるといわれており、
そういった意味でも健康診断で指摘されたら早めに病院を受診してくださいね。

治療は薬物療法以外にも、根治的治療の目的で、
「カテーテルアブレーション」という手術が多くの施設で実施されています。

また、心室細動は、発症すると全身に血液を送り届けられなくなるため、
数秒で意識を失います。1分毎に生存率が
10%ずつ低下すると言われている、恐ろしい病気です。

心房細動の多くは心臓病の持病がある人に起こるため、
定期的に医師の診察を受けているはずですが、
心室細動と思われる意識消失が起こったら、直ちに心臓マッサージを開始し、
出来るだけ早く「自動体外式除細動器(AED)」を用いて対応する必要があります。

当院では、心臓エコーや運動負荷心電図・24時間心電図等で、
正確な診断と治療を行っています。気になる方は、いつでもご相談ください。

診療時間

診療時間
9:00~12:00
17:00~19:00
受付時間
8:30~11:30 16:30~18:30
休診日
日・祝
診療科目
内科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科・訪問診療
TEL
0798-81-1192

アクセス


  • 大きな地図で見る
  • 〒663-8165 兵庫県西宮市甲子園浦風町7-13

    TEL:0798-81-1192

    • 阪神線・甲子園駅北へ徒歩1分
    • 甲子園筋に面しています
    • 無料駐車場有り(2台)

更新日:

Copyright© ふなもとクリニック│兵庫県西宮市甲子園にある総合内科 , 2022 AllRights Reserved.